教員紹介

星野 隆行(ほしの たかゆき)
星野 隆行

東京大学大学院 情報理工学系研究科
システム情報学専攻
講師

〒113-8656 東京都文京区本郷 7-3-1 工学部14号館 621号室
Tel: 03-5841-6880
Fax: 03-5841-6882

E-mail:takayuki_hoshino@ipc.i.u-tokyo.ac.jp

[ホームページ]

略歴

2002年 株式会社 島津製作所
同年 科学技術振興事業団 権利化試験 研究員
2005年 日本学術振興会 特別研究員 DC2
2006年 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻博士課程修了
同年 日本学術振興会 特別研究員 PD
2007年 東京農工大学産官学連携・知的財産センター非常勤研究員
2008年 東京農工大学大学院生物システム応用科学府特任助教
2009年 東京農工大学大学院工学府機械システム工学専攻特任助教
2011年 東京農工大学大学院生物システム応用科学府特任助教
2012年 大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻助教
2012年10月 東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻講師

研究テーマ

生物の情報処理やそこに共通する物理現象を利用することによって,生体由来の機能を工学的に利用して拡張することを目指している.ナノ・マイクロ構造科学や生体信号処理を基盤として生物の機能がどのような仕組みにより自己組織的に形づくられているかを明らかにすることによって,組織再生や生体インターフェース開発に生かすことができる.具体的には,リアルタイムのナノ空間制御をおこない自己組織的な細胞の形状および機能形成の過程を調べるテーマや,ヒトが動作前に発生させる予備的な筋活動から行動予測や主観的情報量の取得が可能なインターフェース開発などに取り組んでいる.

主な論文・著書

Takayuki Hoshino, Kentaro Imagawa, Yoshitake Akiyama, and Keisuke Morishima, " Cardiomyocyte-driven gel network for bio mechano-informatic wet robotics ", Biomedical Microdevices, (2012). DOI 10.1007/s10544-012-9714-z.
Takayuki Hoshino, Kyoko Fujita, Ayako Higashi, Keiko Sakiyama, Hiroyuki Ohno, and Keisuke Morishima, " Contracting cardiomyocytes in hydrophobic room-temperature ionic liquid", Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol. 427, Issue 2, pp. 379-384 (2012).
Takayuki Hoshino, Itsuro Saito, Reo Kometani, Kazuyuki Samejima, Shinji Matsui, Takafumi Suzuki, Kunihiko Mabuchi, and Yasuhiro X. Kato, "Improvement of Neuronal Cell Adhesiveness on Parylene with Oxygen Plasma Treatment", Journal of Bioscience and Bioengineering 113(3), pp. 395-398 (2012).
Takayuki Hoshino, Keisuke Morishima, "Electron-Beam Direct Processing on Living Cell Membrane", Applied Physics Letters, 99, pp.174102, (2011).
Takayuki Hoshino, Itsuro Saito, Haruka Takano, Kazuyuki Samejima, Kunihiko Mabuchi, and Yasuhiro X. Kato, "Neurite Outgrowth of PC12 cells on diX (Parylene) Family Materials," Biotechnology Progress, doi: 10.1002/btpr.739 (2011).
Takayuki Hoshino, Ayako Higashi, Tomohiro Konno, Kazuhiko Ishihara, Keisuke Morishima, "Cell-driven Three-dimensional Manipulation of Micro-parts for a Micro-assembly", Japanese Journal of Applied Physics, 49, 06GM03, (2010).
Takayuki Hoshino, Keisuke Morishima, "Muscle-powered Cantilever for Microtweezers with an Artificial Micro Skeleton and Rat Primary Myotubes", Journal of Biomechanical Science and Engineering, 5(3), pp.245-251, (2010).
Takayuki Hoshino, Tomohiro Konno, Kazuhiko Ishihara, Keisuke Morishima, "Live-Cell-driven Insertion of a Nanoneedle", Japanese Journal of Applied Physics, 48, pp.107002, (2009), selected in Virtual Journal of Biological Physics and Virtual Journal of Nano.
Takayuki Hoshino, Akinori Ozasa, Reo Kometani, Takafumi Suzuki, Shinji Matsui, and Kunihiko Mabuchi: "Development of a Regeneration-type Neural Interface: A Microtube Guide for Axon Growth of Neuronal Cells Fabricated Using Focused-ion-beam Chemical Vapor Deposition", Journal of Vacuum Science and Technology B, Vol.24, No.6, pp.2538-2543, (2006).
T. Hoshino, M. Kawamori , T. Suzuki, S. Matsui, and K. Mabuchi: "Three-dimensional and Multimaterial Microfabrication Using Focused-ion-beam Chemical-vapor Deposition and its Application for to Processing Nerve Electrodes", Journal of Vacuum Science & Technology B B, Vol.22, No.6, pp.3158-3162 (2004).
T. Hoshino, K. Watanabe, R. Kometani, T. Morita, K. Kanda, and Y. Haruyama, T. Kaito, J. Fujita, M. Ishida, Y. Ochiai, and S. Matsui: "Development of three-dimensional pattern-generating system for focused-ion-beam chemical-vapor deposition", Journal of Vacuum Science & Technology B, Vol.21, No.6, pp.2732-2736 (2003).