教員紹介

武田 朗子(たけだ あきこ)
武田 朗子

東京大学大学院 情報理工学系研究科
数理情報学専攻
准教授

〒113-8656 東京都文京区本郷 7-3-1 6号館 354号室
Tel: 03-5841-6959 内線 26959
Fax:

E-mail:takeda@mist.i.u-tokyo.ac.jp

[ホームページ]

略歴

1996年3月 慶應義塾大学理工学部 管理工学科 卒業
1998年3月 慶應義塾大学理工学研究科 管理工学専攻 修士課程修了
2001年3月 東京工業大学 数理・計算科学専攻 博士課程修了
2001年4月 (株)東芝 研究開発センター研究員
2003年4月 東京工業大学 数理・計算科学専攻 助手
2008年4月 慶応義塾大学 理工学部管理工学科 専任講師
2011年4月 慶応義塾大学 理工学部管理工学科 准教授
2013年4月 東京大学大学院 情報理工学系研究科 数理情報学専攻 准教授

研究テーマ

数理最適化問題としてのモデル構築と,その問題を解くアルゴリズムの開発を中心に研究を行っています.特に,不確実性を含んだ最適化問題,非凸最適化問題といった,扱いにくいとされる連続最適化問題に対して,効率的なアルゴリズムの開発を行っています.最近は,下記のトピックスに興味を持っています.

1:不確実な最適化問題に対する意思決定手法:ロバスト最適化問題に対するアルゴリズムの開発
2:様々な分野(機械学習,金融工学,エネルギー分野など)に現れる問題への最適化手法の適用

主な論文・著書

S. Okido and A. Takeda, Economic and Environmental Analysis ofPhotovoltaic Energy Systems via Robust Optimization, Energy Systems,published online 2013. (エネルギーへの応用)
J. Gotoh, K. Shinozaki and A. Takeda, Robust Portfolio Techniques forMitigating the Fragility of CVaR Minimization and Generalization toCoherent Risk Measures, Quantitative Finance, published online 2013. (金融工学への応用)
A. Takeda, H. Mitsugi, and T. Kanamori, A Unified Classification ModelBased on Robust Optimization, Neural Computation, 25 (3), pp.759-804(2013). (機械学習への応用)
A. Takeda, S. Taguchi and T. Tanaka, A Relaxation Algorithm with aProbabilistic Guarantee for Robust Deviation Optimization,Computational Optimization and Applications, 47 (1), pp.1-31 (2010). (ロバスト最適化問題に対する解法研究)