HOME >> 計数工学とは? >> 計数工学キーワード一覧 >> ブレイン−マシンインタフェース(BMI)

ブレイン−マシンインタフェース(BMI)

脳をはじめとした生体の神経系と外部機器との間の直接的な情報入出力を実現するための技術・概念のこと.例えば,感覚野に適切な情報を入力することによって,視覚,聴覚,触覚などの人工感覚を生成することができ,また逆に,運動野などの情報を利用して,自分の手のように自在に動かすことのできる義手の実現も夢ではない. BMIの実現のためには大きく分けて二つの課題がある.それは,いかにして神経系と人工機器とを接続するかというデバイス面での課題と,神経系の信号をいかに解釈し,どのような形で入出力するかというコーディング・デコーディング面での課題である.

←前へ 計数工学キーワード一覧へ 次へ→