逆問題

MEG計測信号から脳内の活動源を推定する問題は典型的な不良設定問題である.従来,ダイポールモデル法,L2ノルム最小化法等が提唱されそれなりの成果を上げてきたが,まだまだ不十分である.計測4研では,L1ノルムの発展形,ICA, Wavelet,ダイポールの解析解を得る方法等,数理的手法と生理的知見を融合した信頼性が高く高精度な手法の開発を目指している.また,脳活動の可視化手法の開発も行なっている.

←前へ 計数工学キーワード一覧へ