自律分散システム

分散配置された要素をネットワークなどで結合したシステム.ただし,新規結合や結合の切断があっても定常性を失わない性質が要求される.簡単にいえば,「一人でも生きられる」ことを自律と呼ぶ.これは,「一人で生きる」ことである独立とは異なる.このような自律性を持った要素を結合したり,切断することで拡張性や柔軟性を持たせることを特色としている.新幹線やJRの電車などの運行制御などに使われている.

←前へ 計数工学キーワード一覧へ