HOME >> 計数工学とは? >> 計数工学キーワード一覧 >> フォールトトレラント計算システム

フォールトトレラント計算システム

計算システムが所望のサービスをユーザに提供しなくなった時,この異常を障害(failure)と言い,その原因となるシステム構成要素(ハードウェアとソフトウェアを含む)の異常をフォールト(fault)あるいは故障と呼ぶ.システムの高信頼化には,障害の原因となるフォールトが発生しないようにするフォールトアボイダンス(fault avoidance)と,フォールトが発生してもシステムとしては障害に至らないようにするフォールトトレランス(fault tolerance)の2つのアプローチがある.フォールトトレランスは,システム構成に冗長性を与えることで実現される.フォールトトレラント計算システムに求められる性質としてRASと呼ばれる信頼性(Reliability),可用性(Availability),保守性(Serviceability)がある.

←前へ 計数工学キーワード一覧へ 次へ→