順序回路

回路の出力が現時点での外部入力のみでは決まらず,内部の状態にも依存して決定される回路を順序回路と言う。順序回路は記憶を持った回路であり,状態を記憶する素子としてラッチやフリップフロップと呼ばれる回路が使用される。一方,外部入力のみで出力が決定される回路を組み合わせ回路と言い,順序回路は組み合わせ回路と記憶素子により構成されると捉えることも出来る。記憶素子にはRS型,D型,JK型など様々な構成があり,タイミング制御方式もクロック信号に同期して状態を遷移させるものや,データ入力に応じて状態を遷移させる非同期式のものがある.

←前へ 計数工学キーワード一覧へ 次へ→