仮想記憶

仮想記憶(virtual memory)とは,限られた容量の主記憶と大容量の補助記憶装置(具体的にはディスク装置が広く使われる)からなるメモリ階層において,ハードウェア機構とオペレーティングシステムのサポートにより,ユーザに主記憶の容量を意識させることなく大容量のメモリ空間を仮想的に提供する技術である。仮想記憶方式においては2つのアドレスが存在し,1つは主記憶として実装してある容量に対応する実アドレス(物理アドレス),他方は仮想的に実現される容量に対応する仮想アドレス(論理アドレス)である。ソフトウェアに提供されるのは仮想アドレス空間であり,実際のハードウェア上で実行する時には,仮想アドレスを実アドレスに変換する必要がある。このアドレス変換方式には,アドレス変換の単位が固定であるページング方式と,可変であるセグメンテーション方式がある.

←前へ 計数工学キーワード一覧へ 次へ→