プログラム変換

ひとつの問題に対して、それを解くアルゴリズムは複数存在し、それぞれの実行効率が大きく異なることも多い。同じ問題を解くいくつものプログラムが存在する中で、こうしたプログラム同士の関係やそれらを変換する規則が明らかになれば、プログラムを合成する手法や効率のよいプログラムを求める手法が確立できるようになる。これまで、多項式を因数分解するように、プログラムを対象とする計算術に関する研究が行なわれてきた。このプログラムを対象とする理論は、プログラムの構成手段として用いることができるばかりでなく、プログラムの性質を把握するにも有効であり、実際のプログラミングの基盤としてもきわめて重要なものである.

計数工学キーワード一覧へ 次へ→