計算幾何学

幾何的情報処理は多くの場面で必要とされる.パターン認識,地理情報処理,コンピュータグラフィックス,形状設計などがその例である.これらの分野に広く現れる基本的幾何問題を解くためのアルゴリズム体系を構築しようとするのが計算幾何学である.ここでは,注目する対象を囲む最小の凸図形,対象のそれぞれが張る勢力圏,領域の基本図形への分割などが中心的道具となる.また,数値誤差に対してロバストな幾何アルゴリズムの設計も,実用上大切な技術である.

←前へ 計数工学キーワード一覧へ