成果

システム情報稲見・檜山研究室
(稲見 昌彦教授,檜山 敦講師)

眼電位を計測可能なアイウェア「JINS MEME」:

眼電位を計測可能なアイウェア「JINS MEME」

JINS MEMEは眼電位と頭部運動計測を組み合わせることでユーザ自身が気づかない疲労や眠気などの状態を推定することを可能としている。JIN社及び国内の大学との共同開発を行い製品化に至っている。

Optical Camouflage (光学迷彩):

Optical Camouflage (撮影:Ken Straiton)

Optical Camouflage (光学迷彩)は再帰性反射材、プロジェクタ、カメラを組み合わせることで、物体が透明になったかのように観察することを可能とする技術である。実世界から物体を視覚的に減算可能なDiminished Realityの萌芽となった研究とである。自動車や医療分野などへの応用が期待されている。

咀嚼音提示を利用した食感拡張装置「Chewing Jockey」:

咀嚼音提示を利用した食感拡張装置「Chewing Jockey」

感覚間相互作用に着目し、咀嚼音にリアルタイムでエフェクトをかけ、聴覚にフィードバックすることで、食感を変化させることに成功した。

Augmneted Coliseum :

Augmneted Coliseum

ディスプレイをハードウエアインタフェースとした光情報システムの開発を行い、ディスプレイやプロジェクタを利用することによって空間分割多重通信を行い、通信や計測、制御を実現するための"Display-Based Computing"(DBC)と名付けた技術を開発した。さらにDBCと小型ロボットを用いた拡張現実感ゲームを開発した。

Bubble Jumper:

Bubble Jumper

いつでも、どこでも、誰もが楽しむことのできる、技術・文化・身体が融合した新たな「人機一体」のスポーツ「超人スポーツ」を提唱し、超人スポーツ協会を設立した。超人スポーツ学術研究会や超人スポーツハッカソンの活動を通し、新たな技術やスポーツを様々なバックグラウンドの方々とともに開発している。「Bubble Jumper」は第一回超人スポーツハッカソンの優勝チームである。