このページを参照される方へ (2014/11/20)

2014年度に,このページの内容を新しい場所: に移して管理することになりました.
今後は,原則としてそちらをご覧ください.
ただし,この旧版のページにしかない情報もまだありますので, このページはしばらく残します.


計数工学科数理情報工学コース卒業論文クラス suribt
({数理, システム} x {B, M, D} 対応)

suribt は,計数工学科数理情報工学コースで卒業論文を書くにあたって, TeX を用いる場合に,体裁の標準を提供するべく作られた pLaTeX2e 用クラスファイルです. 非公式なスタイルファイルの存在を掲示板で告知していた状況 [尾川氏の記事] を改善し, 論文の書き方で指導される事柄 (章立ての順序,図表のタイトルなど) を実現しやすくするため, 2004 年度,数理情報学専攻の杉原厚吉教授に監修をお願いし,作成しました. その後も細かい修正を加え,数理情報工学コースの卒業論文用のみならず, 修士・博士,英語表記,複数教員による指導,他コースへの対応を行いました.

下に示す .zip ファイル 2 つをダウンロードし,解凍して使用します.

解凍先は論文本体の .tex ファイルを置くディレクトリでよいと思いますが,工夫したい人は 「解凍先はどこに?」を参照してください. また,インストール用パッケージを使える人 (Vine, Gentoo, Fink 使用者など) も別途参照してください.

suribt-20070118.zip を解凍して得られる suribt.pdf がマニュアル, skeleton-{euc, sjis (Windows ユーザ対象)}.tex が骨組み見本です.

に対応しています.詳しい設定方法はマニュアル (1--2 節) をご覧ください.ちなみに,

には対応していません.

詳しくは クラスファイル作成者が管理しているページ をご覧ください.