上田 泰己

教員紹介

上田 泰己(うえだ ひろき)
上田 泰己

東京大学大学院 情報理工学系研究科
システム情報学専攻(兼務)
教授

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 医学部 教育研究棟8階南
Tel: 03-5841-3415
Fax: 03-5841-3418

E-mail:uedah-tky @ umin.ac.jp

[ホームページ]

略歴

2000年 東大医学部医学科 卒
2004年 東大大学院修了 博士(医学)
2003年 理化学研究所 チームリーダー
2013年 東大大学院医学系研究科 教授
2016年– 東京大学 大学院情報理工学系研究科 システム情報学専攻 教授 (兼担)

研究テーマ

睡眠・覚醒リズムの基礎研究およびその理解や制御に資する技術開発。1)全脳全細胞解析技術の確立:透明化技術・高速イメージング技術・画像処理技術の開発2)睡眠測定プラットフォームの開発:加速度センサーを用いた医療機器レベルのデバイス開発、情報解析技術の開発。3)睡眠・覚醒リズムのモデリング:分子・細胞・組織・個体・集団レベルの睡眠覚醒リズムのモデリング。4)ケモインフォマティクスを用いた医薬品の創製。 流体駆動システムの計測制御技術とアクチュエータの特性を活かしたシステムデザインを融合し,外科手術や動作支援など健康長寿社会に有用な医用システム,ロボットシステムや人間機械システムの研究開発を行う.また,医用工学と情報科学を融合し,上記システムの知能化,高機能化および社会実装を行う.

主な論文・著書

Niwa Y., Kanda G.N., Yamada R.G., Shi S., Sunagawa G.A., Ukai-Tadenuma M., Fujishima H., Matsumoto N., Masumoto K., Nagano M., Kasukawa T., Galloway J., Perrin D., Shigeyoshi Y., Ukai H., Kiyonari H., Sumiyama K., Ueda H.R. Muscarinic Acetylcholine Receptors Chrm1 and Chrm3 Are Essential for REM Sleep. Cell Rep. 24, 2231-2247 (2018)
Tatsuki F., Sunagawa G.A., Shi S., Susaki E.A., Yukinaga H., Perrin D., Sumiyama K., Ukai-Tadenuma M., Fujishima H., Ohno R., Tone D., Ode K.L., Matsumoto K., Ueda H.R. Involvement of Ca2+-dependent hyperpolarization in sleep duration in mammals. Neuron 90, 70-85 (2016)
Tainaka K., Kubota S.I., Suyama T.Q., Susaki E.A., Perrin D., Ukai-Tadenuma M., Ukai H., Ueda H.R. Whole-body imaging with single-cell resolution by tissue-decolorization. Cell 159, 911-924 (2014)
Susaki E.A., Tainaka K., Perrin D., Kishino F., Tawara T., Watanabe T.M., Yokoyama C., Onoe H., Eguchi M., Yamaguchi S., Abe T., Kiyonari H., Shimizu Y., Miyawaki A., Yokota H., Ueda H.R. Whole-brain imaging with single-cell resolution using chemical cocktails and computational analysis. Cell 157, 726-739 (2014)
Ukai-Tadenuma M., Yamada R.G., Xu H., Ripperger J.A., Liu A.C., Ueda H.R. Delay in feedback repression by cryptochrome 1 is required for circadian clock function. Cell 144, 268-281 (2011)
ページトップへ