脳情報計測・制御研究室

 

教員名をクリックすると、各教員のプロフィールが表示されます。

脳情報計測・制御研究室
– 非侵襲的な脳情報の計測・制御技術の開発に基づく脳機能の解明と応用 –
研究室のHomePage→
天野 薫
天野 薫

教授
脳情報制御技術の開発と応用
経頭蓋電気/磁気刺激,ニューロフィードバックなどに基づき,脳情報を非侵襲的に制御する技術を開発し,脳情報の変化に伴う知覚・認知・行動の変化を調べることで,脳内情報処理の本質に迫る.
脳内情報処理のクロックとしての神経律動
脳波(EEG)や脳磁図(MEG)等の脳機能イメージングと脳情報制御技術を組み合わせた実験によってアルファ波(8-13 Hz),シータ波(4-8 Hz)などの神経律動(周期的な脳活動)の脳内クロックとしての機能を解き明かす.
白質を介した情報伝達機構の解明
拡散強調MRIや定量的MRIで計測した白質線維の特性と知覚・認知・行動の関係を調べることで,脳内での情報伝達の機能を明らかにする.

 

ページトップへ